安心印鑑工房

印鑑職人・永田 皐月が読みやすく格調高い印鑑の秘密をお話します。
読みやすさと格調高さを併せ持つ印鑑

今度は左の印鑑も「安部俊治」と彫ってあることがわかります。

確かに読みやすいけれど、
逆に、あまりにもハッキリと読め過ぎて、ちょっと安っぽい、
そうお感じになりませんか?

100均の既製ハンコのように、いとも簡単に作れそうな感じで、
(事実、左の印鑑は市販フォント+機械彫刻なので複製が容易)
実印や銀行印など、大切な印鑑としてお使いになるのは心配です。

それになんといっても、左の印鑑からは
「印鑑らしい風格」「格調高い美しさ」が、感じられません。

その点、右は一見普通の印鑑でも、よく見ればハッキリ読めて、
なおかつ印鑑らしい書体で、どっしりとした風格を感じます。

この「どっしりとした風格と読みやすさを兼ね備えた印鑑」

■ いつでも自信を持って、安心して捺せる。

■ 自分だけの印鑑だとわかるので、愛着が沸く。

■ 相手にも「良い印鑑ですね」とほめられる。

と、これまで多くのお客様に喜ばれ、ご満足いただいてきました。

他にもいくつか作品例をご覧に入れましょう。
↓をクリックしてご覧下さい。

あ、その前に
これが右上「安部俊幸」の実物の印鑑です。

■クッキリとシャープな彫り上がり。

■末広がりを思わせる優美な上向き湾曲線。

■全体の調和が取れたデザイン。

製作に際しては以上のことを常に心がけ、
その仕上がりには自身と責任を持っております。